大型免許取得への近道

昨年6月の道路交通法改正により車両の大型化や試験細目の追加等により免許取得には相当の運転技量と期間が必要となっているのが実情である。

現在、大型免許を取得するには①試験場での一発試験 ②指定自動車教習所、の二通りがあるが、「試験場での一発試験」は混み合っており予約が取り難く、合格後には取得時講習が導入されたことから、免許取得まで長期戦を覚悟する必要がある。また、「指定自動車教習所」では首都圏での大型教習実施校が激減したことから、限られた大型実施校へ入校予約が殺到し、入校制限している教習所もあると聞く。仮に入校できたとしても、大型教習車の数が少なく、簡単に予約が取れない。

このような背景から、ドライバーを短期で養成したくとも、なかなか養成できないのが物流業界の現状である。

そこで今、注目されているのが“合宿”による大型免許取得である。

昨今免許を取得するにあたり、通学よりも短期間で取得することが出来る等の理由から、合宿により免許を取得する人が年々増加してきた。

物流業界に求められている「早く」「安く」「確実に」免許を取得できるシステムが“合宿免許”にはあると言う。

“合宿免許”とは、宿泊しながら短期で免許を取得することを目的としたプランのことである。

① 早く・・・個人差はあるが、どこの合宿校でも、だいたい9日~10日で卒業可能としている。

② 安く・・・合宿に必要な教習料金、検定料金、宿泊食費等は参加費用に含まれており、仮にオーバーしても卒業まで追加料金が無い教習所が殆ど。価格は学校ごとにバラつきはあるが概ね25万円~29万円が相場であり、さらに交通費の支給もある。

③ 確実に・・・入校受付は全て予約制であり、卒業後に実地試験が免除となることから、入校から免許取得までの期間が解り易く、計画的な免許取得が可能となる。

合宿免許のイメージは遠方に出かけ、多くの知らない人と寝食を共にして免許をとるものだと考えがちであるが、最近では首都圏近郊での合宿も盛んであり、部屋形態もシングル・ツイン・相部屋・ホテル等の指定ができバラエティーに富んでいるのが現実なのだ。

ドライバー不足が懸念されている物流業界の中で「早く」「安く」「確実に」即戦力を育成するには“合宿免許”を利用するのが近道のようである。

(情報提供元:株式会社物流産業新聞社)

転職祝い金

ページトップへ戻る

初めてご利用される方へ

免許を持っている方

必要な資格(免許)を持っている方は、そのままドライバーとして企業へご紹介。
転職・就職の無料サポートを実施中です。

免許を持っていない方

転職・就職のに必要な資格(免許)が無い方でもご希望の求人情報にご応募ください。
全国の教習所からお客様に合った教習所をご紹介します。

法人のお客様へ

人材紹介以外のサービス

ドライバーの人材紹介だけでなく、御社のドライバーのキャリアを向上させるお手伝いを包括的に行います!

JOB免許のご紹介

弊社サービスが「物流新聞」にて紹介されました。

トピック

ページトップへ戻る