大型教習実施校の激減実態

いま、首都圏における大型車教習実施校が激減している。

2007年6月の道路交通法改正後、首都圏で大型車の教習を実施している教習所は東京都で53校中6校、大阪で40校中4校、神奈川で40校中4校である。

改正前は東京21校、大阪12校、神奈川15校の教習所で大型車の免許取得(卒業証明書の発行)が可能であった。

では、なぜこれらの教習所において、大型車の免許取得が不可能になったのか。

第一の理由は、試験内容や試験車両の変更に伴い、教習コースに大幅な改修が必要になったことがあげられる。改正前の試験車両は約7mであったのに対し、改正後は約12m。

旧大型車用のS字コースや方向変換コース、縦列駐車コースなどは中型教習に利用できるが、新大型車対応の巨大なS字コースや方向変換コース、縦列駐車コースなどが新たに必要になるほか、新教習項目である隘路コースや路端停止発進コースも必要になってくる。

新たに新大型コースを拡張したくとも、慢性的な土地不足に悩まされる首都圏において、コース拡張はおよそ不可能と言ってもよい。

第二の理由として、路上教習と路上検定の導入である。長さ約12m、幅約2.5mの新大型車両が一般道を走行するには首都圏の生活道路は狭すぎる。教習所近辺では大型車通行禁止の道路が多く、路上教習コースや路上検定コースを設定出来ないことから新大型教習を断念した教習所もあると聞いている。

この他にも試験項目ではないが、「高さ感覚」を養うための器材や「運転操作が貨物に与える影響」を体験させるための資材の準備も必要であり、「夜間の運転」や「悪条件下」など、運転シミュレーターに頼らざるを得ない教習項目も追加されている。さらに新大型教習車両増車や指導員・検定員養成に掛かる費用の増加も教習所に追い討ちをかける要因となっており、郊外でも新大型教習を諦めた教習所が多いと聞く。

このように、今回の法改正は教習所側にとっては非常に厳しい内容であり、新大型実施校が激減したことにより、物流業界のドライバー不足はますます加速化することが予想される。

(情報提供元「物流新聞」2008/2/25掲載)

転職祝い金

ページトップへ戻る

初めてご利用される方へ

免許を持っている方

必要な資格(免許)を持っている方は、そのままドライバーとして企業へご紹介。
転職・就職の無料サポートを実施中です。

免許を持っていない方

転職・就職のに必要な資格(免許)が無い方でもご希望の求人情報にご応募ください。
全国の教習所からお客様に合った教習所をご紹介します。

法人のお客様へ

人材紹介以外のサービス

ドライバーの人材紹介だけでなく、御社のドライバーのキャリアを向上させるお手伝いを包括的に行います!

JOB免許のご紹介

弊社サービスが「物流新聞」にて紹介されました。

トピック

ページトップへ戻る