試験場での合格率の低さと免許取得期間の長期化

道路交通法改正により、大型免許を取得する際の試験車両や試験内容に大幅な変更が加えられた。

改正前の試験車両は約7mであったのに対し、改正後は約12mとなっている。

試験内容も大幅に変更され、構内試験に合格すれば免許を手に出来たが、改正後は構内試験後に路上試験が必要となった。

構内試験では従来の法規履行走行やS字、クランク、坂道、踏切に追加されたのが路端停止発進と隘路である。路端停止発進の項目は、路端いっぱい(30cm未満)に沿って、車体を平行に駐停車させた後、車体左側後方の安全確認を行い、前方障害物を回避し発進する項目である。当然、停止位置が合わない場合や平行で無い場合は減点対象となり、所定の位置に車体を収めることが出来なかった場合は切り返しをさせ、その都度減点し、4回の切り返しで中止となる。

隘路とは、右折又は左折により進入路(幅6m)から、はみ出さないように進入し、止まる事無く90度方向を変え、幅3m、長さ12mに引かれた2本のラインの範囲に車体を収める項目である。収まらなかった場合は切り返しをさせ、4回の切り返しで中止となる。

構内試験に合格して仮免許証を手にしても、路上練習を受けなくては路上試験を受験できない。路上練習には大型免許取得3年以上の経験者を助手席に乗せて10時間以上の練習が必要。

路上試験では一般の生きた交通流の中で12mもの大きな車体を操作しなくてはならないと同時に、構内での駐停車も待っている。駐停車は従来の方向変換や縦列駐車に加えて駐車時の後方間隔も採点に含まれることとなった。後方ポールとの間隔を50cm以内に出来なければ減点である。

晴れて路上試験に合格しても、大型免許取得時講習と応急救護処置講習を受講する必要があるが、首都圏で取得時講習を実施できる教習所は少数であり、実際に免許を手にするまでの期間は相当長くなることが予測される。



このような背景から、法改正後に大型免許を取得するには相当の運転技量が必要となり、試験場での一発試験合格率の低下や、免許取得期間の長期化から、大型ドライバーのなり手が減っていくことが予測される。

(情報提供元「物流新聞」2008/2/11掲載)

転職祝い金

ページトップへ戻る

初めてご利用される方へ

免許を持っている方

必要な資格(免許)を持っている方は、そのままドライバーとして企業へご紹介。
転職・就職の無料サポートを実施中です。

免許を持っていない方

転職・就職のに必要な資格(免許)が無い方でもご希望の求人情報にご応募ください。
全国の教習所からお客様に合った教習所をご紹介します。

法人のお客様へ

人材紹介以外のサービス

ドライバーの人材紹介だけでなく、御社のドライバーのキャリアを向上させるお手伝いを包括的に行います!

JOB免許のご紹介

弊社サービスが「物流新聞」にて紹介されました。

トピック

ページトップへ戻る