警察庁が取り組みを開始

トラック業界が要件見直しを強く求めている「中型運転免許」問題について、警察庁が取り組みを開始した。「普免で大きなトラックを運転して問題はないのか」など探るため、車種別の「運転特性」と操作上の「安全性」などを調査する実験を、今月中旬、茨城県ひたちなか市の自動車安全運転センター「安全運転中央研修所」で実施。実験車両を運転したドライバーの感想とともに3月までに結果をまとめる。警察庁は「中型免許制度を見直すと決めたわけではない」としながらも、「社会の需要にどう対応していくか重要な課題」と前向きな姿勢を示しており、トラック業界の関係者は「久々の朗報」と喜んでいる。
車種別運転特性など実験
実験は18、19、22、23の4日間、乗用車から8㌧トラックまで7種の車両が用意され、1日当たり10人程度のドライバーが参加して行なわれた。正式名称は「重量別・寸法別の自動車の運転特性に関する調査研究実験」。警察庁が昨年秋行なった競争入札で、落札したデータ解析・システム開発などを行なう都市交流プランニング(東京都新宿区)が実験の計画書を作成した。
 すべての車両でS字走行、パイロンスラローム、バック間隔などドラコンのようなテクニック走行を行い、ドライバーの運転・車両感覚とともにデータを収集し、ドライバーにはアンケート調査も実施。実験で得たデータとともに現在、集計・分析作業に入った。3月までに結果をまとめ、その後、国交省と会合を持ち、「中型免許制度を見直すかどうか」を決めるという。
「見直し」を期待するトラック業界
トラック業界では「若者の就職が減少している上、2年間の経験が必要な中型免許制度のため、すぐに運転職に従事できない。省力化や保冷装置などで車両の重量増加が著しく、普免では2㌧車も運転できないケースが増えている」として、普免の適用要件(中型免許制度の要件)を見直して、運転できる車両総重量を現行5㌧未満から6.5㌧未満に変更するよう強く求めている。
 さらに去年9月には全国高等学校長協会が警視庁、文科省などに「普通自動車運転免許制度の見直しに関する要望」を提出。「中型免許導入で高校生などの就職機会が狭めたり、期待する所得が得られないケースが出ている」と訴え、普免の要件を「条件変更教習」(貨物教習5時間程度)受講で6.5㌧まで運転可能とし、年齢も「18歳まで」(普免同時教習可)とするよう求めた。
データそろえ本格的に議論
警察庁交通局の磯丈男理事官(警視正)は「(見直しは)就職が厳しいからというスタンスではない。あくまで『安全』第一。ただ、トラック業界の強い要請に加え、校長協会の要望が後押ししたことは事実」と説明。「社会的な需要があることは分かった。しかし安全面はどうか。これから見極めていく必要がある」と強調。反面、「社会の要請に対しては、どこをどうすればいいのか多角的に検討したい」と柔軟で、前向きな姿勢を示した。「重装備で6㌧、6.5㌧になったトラックが増えているのか。実態を国交省サイドからデータを出してもらう。すべてのデータがそろったところで事業者も含めた本格的な議論を始めたい」としている。

(情報提供元:株式会社物流産業新聞社)

転職祝い金

ページトップへ戻る

初めてご利用される方へ

免許を持っている方

必要な資格(免許)を持っている方は、そのままドライバーとして企業へご紹介。
転職・就職の無料サポートを実施中です。

免許を持っていない方

転職・就職のに必要な資格(免許)が無い方でもご希望の求人情報にご応募ください。
全国の教習所からお客様に合った教習所をご紹介します。

法人のお客様へ

人材紹介以外のサービス

ドライバーの人材紹介だけでなく、御社のドライバーのキャリアを向上させるお手伝いを包括的に行います!

JOB免許のご紹介

弊社サービスが「物流新聞」にて紹介されました。

トピック

ページトップへ戻る