面接のポイント

「自己紹介」のポイント

これまでの職務経歴を語ることで、面接担当者は面接者の人物像を把握しようとします。
自分の良い面をしっかりとアピールできるように、ポイントを絞って説明することが重要です。
職務経歴書を作成する時などに、これまでの自分を整理しなおすと良いでしょう。
これまでの仕事の成果・役割・培われたものがこれから具体的にどう仕事に活かせるかが 面接官の一番知りたいところです。
職務経歴や自己紹介は質問形式で展開されることもあります。落ち着いて質問の意図をきちんと理解し、的確な答えを自信を持って答えるようにしましょう。
また専門用語を多用せず、誰にでも理解できる言葉で説明するなどの工夫も必要です。
人事担当者が貴方と同じ専門知識を持っていないというケースも想定しておかなくてはいけません。

「志望動機」のポイント

まず正直な「志望動機」を考えてみましょう。
人材紹介会社を利用した場合、事前に条件が提示されているわけですから、給与・待遇面で選ぶことも少なく無いでしょう。
しかし前述したように、待遇面ばかりを志望動機として並べると、仕事に対する姿勢を汲み取ってもらえません。
待遇面以外にも「この会社にしよう」と思った理由を考え、そこに説得力と意欲を付加してみてください。
未経験職種への志望動機は自信を持って
これまで「ドライバー」という仕事をしてこなかった方もいらっしゃるでしょう。
未経験の職種への転職の場合は、経験が無い分、志望動機も具体的になり難いかと思います。
事前にその職種の仕事内容をよく把握し、これまでの仕事で活かすことの出来る「共通点」を見つけて 積極的にアピールしていくようにしましょう。
面接担当者は貴方のチャレンジ精神も見ています。
この会社が自分に合うかどうか見定めるくらいの気持ちで
よく考えがちなのは「こんな志望動機では不採用になってしまうかも」ということ。
志望動機を脚色しすぎて本来の意図や動機と異なることを話しても意味はありません。
自分自身の希望している仕事が実現できるか、自分にこの会社は合っているか、それを見定めるくらいの気持ちで 正直に志望動機を伝えるようにしましょう。

「退職理由」のポイント

「退職理由」は面接担当者にとって、単に貴方がなぜ現職を辞めた(辞めようとしている)のかという理由の確認だけではなく、 仕事に対する姿勢や人間性などを読み取る材料となります。
人間関係や職場環境等が理由の場合、その不満・愚痴をストレートに退職の理由として述べるのは、少し考えた方が良いでしょう。
単に不満を述べるだけでは、また同じように不満を感じて辞めてしまうのでは・・・ と思われてしまうこともあります。
これまでの会社を否定することなく、不満に思う内容を回避するためにどのように前向きに努力したのかを説明し、 今後も前向きに仕事に向き合う姿勢をアピールすることが必要です。

よくある質問へ戻る

ページトップへ戻る

初めてご利用される方へ

免許を持っている方

必要な資格(免許)を持っている方は、そのままドライバーとして企業へご紹介。
転職・就職の無料サポートを実施中です。

免許を持っていない方

転職・就職のに必要な資格(免許)が無い方でもご希望の求人情報にご応募ください。
全国の教習所からお客様に合った教習所をご紹介します。

法人のお客様へ

人材紹介以外のサービス

ドライバーの人材紹介だけでなく、御社のドライバーのキャリアを向上させるお手伝いを包括的に行います!

JOB免許のご紹介

弊社サービスが「物流新聞」にて紹介されました。

トピック

ページトップへ戻る