面接の流れ

面接は企業によって多少違いはあるものの、大筋の流れとしては同じです。

どの企業も採用という目的を持って面接を行っていますので、質問内容はポピュラーなものが多いでしょう。
以下に例を掲載いたしますので、頭の中で流れをシュミレーションしてみてください。

自己紹介

まずは自己アピールを含めて紹介を。
前職の職歴に関してはどういった仕事でどのような成果を上げたか等、 またその仕事で何を得たか等を具体的に話しましょう。
最初の自己紹介ですので「何ができるか」だけではなく、貴方がどんな人物なのか見られている とも思ってください。

転職理由

たとえ転職の理由が現状への不満だった場合でも、 ネガティブな理由ばかりを述べると「後ろ向きな人」であると捉えられてしまうでしょう。
好ましくない状況で、いかに前向きに考え行動を取ったのかということをアピールすれば 次へのステップアップを目指した転職であることが伝えられると思います。

仕事の志望動機

今までと違う仕事にチャレンジする場合、きちんと下調べをし、イメージを作っておくことが大切です。
具体的に「こういった仕事がしたい」ということを伝えることで、先方に真剣さややる気をアピールできます。

会社の志望動機

マニュアル的にどこの会社でも当てはまる「将来性がありそう」「安定しているから」といった回答は 担当者への印象が薄くなります。
自分なりの視点で志望理由を話しましょう。
また待遇面に偏りすぎた動機ですと、仕事そのものへの意欲を汲み取ってもらえなくなります。
バランスに注意して 志望した意図を話すようにしてください。

条件確認・質問

人材紹介会社を通して転職活動をする場合、事前に条件などは揃っていますので、面接の際に条件確認をすることはほぼありませんが、 個人での転職活動の場合、しっかりと確認する必要があります。
募集要項である程度の条件は提示されていますが、業界やその企業の状態を把握した上で要求を伝えることも大事です。
不安に感じる部分や気になることもしっかり確認しておきましょう。
入社後に「聞いていなかった」ということにならないように。予め質問したいことをピックアップしておくと安心です。

よくある質問へ戻る

ページトップへ戻る

初めてご利用される方へ

免許を持っている方

必要な資格(免許)を持っている方は、そのままドライバーとして企業へご紹介。
転職・就職の無料サポートを実施中です。

免許を持っていない方

転職・就職のに必要な資格(免許)が無い方でもご希望の求人情報にご応募ください。
全国の教習所からお客様に合った教習所をご紹介します。

法人のお客様へ

人材紹介以外のサービス

ドライバーの人材紹介だけでなく、御社のドライバーのキャリアを向上させるお手伝いを包括的に行います!

JOB免許のご紹介

弊社サービスが「物流新聞」にて紹介されました。

トピック

ページトップへ戻る